ゆりやんのネット試験は替え玉受験やカンニングが可能?WEBテストの体験談

スポンサーリンク

ラーメンの替え玉はおススメですが、替え玉受験はもちろん犯罪です。ペーパーテストだろうが、ネット試験だろうが立派な違法行為です。

ゆりやんさんのケースのように、ネット試験だと試験官もいないので、つい罪の意識が薄れてしまうのでしょう。人生終わりますよ?

 

このゆりやんさんの替え玉受験疑惑に対して、ネットの反応の中でどうやら「ネット(WEB)受験」を知らない人がいるようです。自宅で一人で受験するテストもあるんですよ。

実は僕、某大学のネット試験を何回も受験したことがあります。定期テストをWEBで受験して、そのまま送信(提出)するんです。

で、みなさん疑問に思うのが

 

・替え玉はできるのか?(ラーメンじゃないよ)

・ググったり参考書を見ながらのカンニングはできるのか?(竹山じゃないよ)

・ゆりやんのように人に聞きながら(教えながら)できるのか?

 

などだと思います。

はい全部できます。やろうと思えば何でもできます。だって自宅で一人ですから。

自分の良心が痛まないのならやりたい放題。でも、もちろん不正ですから絶対にやってはいけません。ぼ、僕はやってませんよ。

 

しかし、不正ができるのとそれにより合格できるのとは別問題。実際、僕が受験していた状況をネット試験を知らない人のために書きます。

 

ネット試験は替え玉受験できるのか?

できます。自宅で一人で受験するので、試験官のようなチェックする人がいません。身分証明書も不要だし、WEBカメラでの確認とかもありません。

テストを受ける際は、IDパスワードを入力しログインして受験します。ログイン後、替え玉と交代してもいいし、最初からパスワードとIDを教えて丸投げしてもできます。

もっと言えば、パスワードとIDをあらかじめ教えておき「この時間になったら受験しておいて」と、そもそも自宅に来てもらわずに替え玉の人の家で受験してもらうこともできます。IPアドレスがどうこうとか、そこまでチェックされません。

この辺りは、不正防止策がまだまだ甘いような気がします。実際、このような替え玉受験を請け負う代行業者も存在しますから。

ネットなのでどこでもできるという利点もありますが、逆にその手軽さを突いた手口ですね。

ネット試験はクリックして入力するだけなので、ペーパー試験のような筆跡を気にする必要もないのです。

 

カンニングが可能か?

できます。参考書片手に受験できます。だって誰も見ていませんから。

別ウィンドで分からない単語をググったり、自分でまとめたノートなどを見ながらもできます。パソコンが遠隔監視されていることもないので、検索しながら受験することもできます。

こうなると、試験を受けているという感覚がもうしませんよね。WEBのアンケート調査みたいです。

スポンサーリンク

 

人に聞きながら(教えながら)受験できるのか?

できます。試験官がいないので、複数で協力?しての回答もできます。

ゆりやんさんはその英語力を買われて、英語の試験時に聞かれたようですね。2人ならんでワイワイやりながら解いていったのでしょうか?

またゆりやんさんは、先輩Aと漫画喫茶で受験したそうです。でも別に直接会わなくても、「クイズ ミリオネア」の「テレフォン」みたいに電話で聞くこともできますよね。問題を読み上げる手間がありますが。

 

合格できるとは別問題

こんなやりたい放題のWEBテストですが、だからといって不正すれば簡単に合格できるわけでもありません。それは、一番のネック(?)制限時間が足りなくなることです。

参考書を見たり、ググったりしながら解いていくと間違いなく時間オーバーになります。少なくと僕が受けたテストではそうでした。もちろん「テレフォン」も時間がかかり過ぎます。

カンニングをするなら、ここぞというどうしても分からない問題だけにしなければ間に合いません。

やはりこうなると、代行業者みたいな「丸投げ」が一番現実的な替え玉でしょう。ゆりやんさんみたいに隣にいて、2人で協力して問題を解くというやり方も半玉の替え玉ですね。

 

ネット試験は替え玉受験やカンニングが可能?WEBテストの体験談のまとめ

自宅で受験するネット試験は、替え玉やカンニングなど不正がなんでもできてしまいます。

参考書やググりながらの受験は、時間ロスになるのでそれほどメリットはありません。やはり人に交代してもらうか、人に教えてもらいながら回答する方法が手っ取り早いです。

主催者側もある程度の不正は承知済みかもしれませんが、替え玉やカンニングは立派な犯罪なので絶対にやめましょう。

重要な試験は、まだまだ試験会場で試験官監視のもと行われますが、今後ネット試験が広まるにはこのような不正対策が不可欠です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。管理人の【だが屋】です。でも大家ではありません。
他人と同じことをするのが嫌いです。天の邪鬼ってヤツですね。基本ヒネクレた性格なので。
ここは、そんな性格がよく現れたサイトです。他人の目なんか気にしちゃいませんよ。
屁理屈コネさせたら、学年で1位を取る自信アリ!そんな僕ですがどうぞ4649。

このサイトは、「そんなにお得感はないけど、読んでおいて損はしない」という方向性のサイトです。ですから、過度の期待は禁物ですよ。
「なるほど、すごい!」はないですが、「ふーん」「へー」ぐらいは言ってもらえる様に頑張ります。
「1つの記事を読めば、1つのお得をゲットできる。でも3つの後悔?」
「あまり目にしないスキマ産業的な記事」を目指しています。 尚、記事を読んで思わず笑ってしまったら、それはアナタの負けです ^^


当サイトで引用している文章・画像について、著作権は引用元にあります。
ただ万が一、不適切な記事や画像、リンク等がありましたら早急に削除等の対応を致しますので当サイトのお問い合わせからご連絡下さい。
また、その他ご意見ご感想などもお問い合わせからお願いします。