ヒアリの性格ってそんなに凶暴なの?集団で襲って来るって本当?

スポンサーリンク

この記事では、実際のアリの画像は載せていません。

ずっと見ていると僕もキモチ悪くなってくるので嫌なんです。

同じ意見の方、安心して読み進めて下さい。

 

今度は横浜港でヒアリ発見のニュースが流れました。

繁殖していた可能性があるようです。心配ですね。

 

そんなヒアリのニュースが流れるたびに

「またか・・・」

「ついに・・・」

と思ってしまいます。

 

今はまだ「侵入」の段階なので「定着」まではしていません。

なんとかここで食い止めることができればいいのですが、失敗すると・・・。

(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

 

また、人がいけないところは「慣れる」ということです。

当初はすごく心配していたヒアリにも、連日のニュースで慣れてしまっていませんか?

 

「ま、大丈夫でしょ?」

「もう手遅れだからいいや」

そう思ってはいませんか?

 

他人事と思わず、必要以上に怖がることはありませんが、正しい知識で「正しく怖がる」のが大切だと僕は思うのです。

感覚がマヒしてしまって、「あーまたか」とヒアリ慣れしないようにして下さい。本当に大変なことになりますよ?

 

今回は、気を引き締める意味も込めて「ヒアリの恐ろしさ」について調べてみました。

すでに知っているかもしれませんが、ヒアリの性格はとにかく狂暴で集団で襲ってきますからね。

   

 

ヒアリの性格

とにかく「狂暴」です。強い攻撃性を持った性格です。

僕たちは「アリ」と聞くと

「黒い小さなアリが、お菓子を運んでいる」

ぐらいのイメージしかありません。

子供のころはアリの巣を埋めたり、時には踏みつぶしたり…、今は家の中に「食べこぼし」を狙って入ってくるのを掃除機で吸ったり。

大抵の人がアリってこんなふうに思っていますよね。

 

まずはこの、蟻に対するイメージから払拭するのが先なのかもしれません。

あなたはこれだけニュースで騒がれていますが、実際アリに襲われるって想像できますか?しかも集団で!

 

正直、想像できませんよね?信じられないというか。

また「襲われてもアリなんか踏みつぶせばいいじゃん。余裕でしょ?」

などと思っていませんか?

 

その油断が一番怖い存在なのかもしれません。

スポンサーリンク

 

蟻塚(アリづか)

鬼塚ではなくアリ塚です。

蟻塚って見たことありますか?

ほら、小学校の歴史で「貝塚」って習いましたよね?古代の人が捨てた貝が山盛りになったアレです。

あそこまで大きくはないですが、数十センチぐらい土を盛って巣にしたのが蟻塚です。この場合はもちろんヒアリのことですよ。

 

実は日本にいるアリは蟻塚を作りません。ただ地面に穴を掘って地中に巣を作るだけです。

先ほどもちょっと言いましたが、子供の頃にアリの巣を埋めましたよね?僕たちは、アリの巣と言えば地面に掘ったものを想像します。

そしてよく見ると、巣穴の入り口横に掘り起こした土が盛ってありますよね?

あれをもっと山盛りにして中を巣穴にしたのが「蟻塚」なんです。

 

ちなみにこの蟻塚を作るか作らないかは、その土地の気候が影響しているようです。

日本は過ごしやすい気候なので、蟻塚を作る必要はないのではと言われています。

名前だけは聞いたことがあるかと思いますが「軍隊アリ」は巣を作りません。蟻とひとことに言っても、その種類によっていろんな生態があるんですね。

 

凶暴な性格

で、ここでは何を伝えたいかと言うと、そのヒアリの蟻塚を破壊すると

速攻で攻撃されます!

(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

故モハメド・アリ氏

 

日本の蟻は、巣穴を埋められても逃げ出して行くだけですよね?

しかしヒアリは非常に攻撃性が強い性格なので、巣を壊されるとすぐに刺しに来ます、集団で!

 

実際、研究者の人がヒアリの蟻塚を触ったら、速攻でヒアリがウジャウジャ出てきて、手袋の中まで入ってきて刺されたことがあります。

つまり僕たちが気を付けないといけないことは、うっかりヒアリの蟻塚を壊さないことです。

 

ヒアリの蟻塚は公園や広場・農地など比較的ひらけたところに作られます。

え?そうです。子供が知らずに触ったり踏みつけたりする可能性が十分考えられます。

ベビーカーで踏んでしまうこともあるかもしれません。

Σ(゚д゚;) ヌオォ!?

 

ヒアリの蟻塚の大きさは、高いもので50㎝ぐらいになりますが、そこまで大きくないと一見して蟻塚と分からず踏んでしまう危険性があるのです。

この記事で僕がわざわざ前置きを長くして、「蟻のイメージ」を伝えたのはこれが理由なんです。

日本人には蟻塚は馴染みがないこと、そして蟻が集団で襲ってくることがどこか他人事に思えてしまう。

だから「うっかり」ヒアリの巣を壊してしまうかもしれないのです。

 

ただ単に「毒蟻」として怖がるのだけではなく、闇雲にアリの巣コロリを置くだけではなく、このような巣の特徴や攻撃的な性格を把握するのもヒアリから身を守るひとつの手段ではないでしょうか?

うまいことまとめたでしょ?

(*´Д`)  

 

ヒアリの性格は凶暴で集団で襲って来る!のまとめ

連日のヒアリの報道で「ヒアリ慣れ」しないことが大切です。

だって中国の尖閣諸島問題だって、初めの頃はあんなに騒いでいたのに、今はニュースでもさっぱりですからね。

え?先日も領海侵入されましたよ。中国はやめてはいません。

視聴者が尖閣問題に慣れてしまって、テレビは視聴率が取れなくなったので報道しないだけなんです。

これが一番恐ろしいことではないでしょうか?

 

またヒアリは日本の蟻と違い、蟻塚を作ります。

性格も非常に攻撃的で巣を破壊されると速攻で襲ってきます。

僕たち日本人には馴染みがない特徴なので、うっかり巣に近づいたり壊したりしないことが重要です。

最後にヒアリの蟻塚に「雑草」が生えていたらどうします?パッと見、気付きませんよ?

( ̄◇ ̄;)エッ

 

こちらも合わせてどうぞ!

ヒアリは中国のコンテナからわざと送られてきたの?陰謀の可能性は?

ヒアリの侵入や定着を防ぐたった1つの方法とは?もう手遅れなの?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。管理人の【だが屋】です。でも大家ではありません。
他人と同じことをするのが嫌いです。天の邪鬼ってヤツですね。基本ヒネクレた性格なので。
ここは、そんな性格がよく現れたサイトです。他人の目なんか気にしちゃいませんよ。
屁理屈コネさせたら、学年で1位を取る自信アリ!そんな僕ですがどうぞ4649。

このサイトは、「そんなにお得感はないけど、読んでおいて損はしない」という方向性のサイトです。ですから、過度の期待は禁物ですよ。
「なるほど、すごい!」はないですが、「ふーん」「へー」ぐらいは言ってもらえる様に頑張ります。
「1つの記事を読めば、1つのお得をゲットできる。でも3つの後悔?」
「あまり目にしないスキマ産業的な記事」を目指しています。 尚、記事を読んで思わず笑ってしまったら、それはアナタの負けです ^^


当サイトで引用している文章・画像について、著作権は引用元にあります。
ただ万が一、不適切な記事や画像、リンク等がありましたら早急に削除等の対応を致しますので当サイトのお問い合わせからご連絡下さい。
また、その他ご意見ご感想などもお問い合わせからお願いします。