ヒアリは中国のコンテナからわざと送られてきたの?陰謀の可能性は?

スポンサーリンク

連日、ニュースで「ヒアリ発見」が報じられていますね。

「殺人蟻」と呼ばれるぐらいですから、気になって仕方がありません。

 

こんなヒアリ事件を、今回は僕なりに考察してみました。

ネットでは「中国がヒアリをわざとコンテナに入れた」って騒がれていますが、一体どうなんでしょうか?

 

中国からのコンテナ

日本各地の港で、また先日は内陸部の愛知県春日井市でもヒアリが発見されました。

「あんな小さいアリなんか発見されていないだけで、もっと他にもいるでしょ?」

って言うのが僕の感想です。

でもあれって、職員の方が草むらなどを地道にかき分けて探しているのですね。ご苦労様です、というか人海戦術しか方法がないのが歯がゆいです。

 

そしてコンテナに付いていたヒアリは作業員の方が発見しましたが、そのどれもが中国からの荷物・・・。

偏見はいけませんが、どうしても悪い方へ受け取ってしまいます。

 

もしかしてワザと!?

 

そう思いましたよね?

僕なりに無い知恵を絞って考えてみました。

(*´Д`)  

 

中国の陰謀の可能性は?

まず「ヒアリを日本に送り付けたところで、中国が得をするのか?」

という疑問が浮かびました。

 

やっぱり中国と言えば「お金のためなら」という印象があります。なんてったって「コピー大国」と揶揄されるぐらいですから。

日本の企業名や商品名が、アッチでそのまま特許を取られた(商標登録された)ってニュースもありました。

私たち日本人の感覚ではちょっと信じられませんよね。堂々とパクリ過ぎです。

もうお金のためなら「何でもアリ」(蟻だけにアリ)のお国柄です。

(*´Д`)  

 

しかし、ヒアリを日本に送り込んだところで中国は何も得しません。

蟻んこをチマチマと送るよりも、コンテナの荷物をごまかした方が儲かることぐらい彼らは分かってるはずです(笑)

従って、お金儲けのための陰謀説はないのかなぁと思います。

 

次の陰謀説に行きます。

「日本へ対する嫌がらせが目的では?」

という疑問です。

 

確かにこのような嫌がらせはある種、ダメージがでかいです。ヒアリが一度定住してしまったら、完全駆除は不可能とまで言われています。

アメリカなんかヒアリの被害で、毎年数千億円の損害が出ています。治療費まで合わせるとその額は1兆円を超えます!

無視できないでしょ?

ヒアリの本当の恐ろしさは、刺されることではなくその繁殖力なんです。

繰り返しになりますが、一度「定着」してしまったら完全駆除は不可能なんです。どんどん増えていきます。

 

こう考えると嫌がらせとしては破壊力抜群ですが、中国がそんな陰湿?なことするかなぁ、と思いました。

だって尖閣諸島に上陸する国ですよ?他国の国家の主権すら無視するお国柄です。きっと自国の権力を示したいのもあるのでしょう。

 

こんな国際ルールを堂々と破る中国が、果たして蟻んこなんかを送り込むセコイ?嫌がらせをするのかな、と。

たぶんこの陰謀説もないような気がします。

スポンサーリンク

 

ただいい加減なだけ

僕は多分これだと思います。

作業員がコンテナにヒアリがいないかチェックをすれば済むのに、「いい加減」なのでそのままスルー。(*´Д`)  

恐らく見つけても他人事。

 

海上コンテナは荷下ろしした後にきれいに洗浄しますが、これは日本での作業ですね。

輸出元の中国では、何も検査なしで船へ積み込みするのでしょうか?

 

実は中国はヒアリがすでに定着していて、大きな問題になっています。やはりなかなか駆除できないようですね。

だから自然に積み荷にヒアリが侵入しても、おかしくはないってことです。

まあキチンと荷物の検査をしてから輸出すればいいですが、そこは「いい加減」なお国柄。

 

いい加減なエピソードをお話しします。

僕の知り合いに、中国から商品を仕入れている人がいます。

その人がいつも愚痴っているんです。

「中国人は本当、いい加減。何回も念を押しても、決まった日にちに届かない。しかも数量も足りない。更に別の商品が送られてくる。」(*´Д`)  

 

よくこんなので取引してるなぁと感心すらしてしまいます。やっぱり、日本人の感覚では理解できないですよね~。

そういえば中国からネット通販すると、さきほどと同様のことが起こるって聞いたこともあります。

こういうのを「チャイナリスク」って言うんでしょうか。

 

ヒアリは中国の陰謀?のまとめ

僕が思うには、「お金儲け」や「嫌がらせ」目的のヒアリがコンテナに付いていた可能性は低いと思います。

わざとそんなことしない気がします。

やるならもっと尖閣諸島のようなことをするのではないかと。

 

やはりヒアリが定着している中国だから、偶然に紛れ込んだと思うのが自然な考えなのでしょうか?

あなたはどう思いますか?

 

こちらの記事もあわせてどうぞ!

ヒアリの性格ってそんなに凶暴なの?集団で襲って来るって本当?

ヒアリの侵入や定着を防ぐたった1つの方法とは?もう手遅れなの?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。管理人の【だが屋】です。でも大家ではありません。
他人と同じことをするのが嫌いです。天の邪鬼ってヤツですね。基本ヒネクレた性格なので。
ここは、そんな性格がよく現れたサイトです。他人の目なんか気にしちゃいませんよ。
屁理屈コネさせたら、学年で1位を取る自信アリ!そんな僕ですがどうぞ4649。

このサイトは、「そんなにお得感はないけど、読んでおいて損はしない」という方向性のサイトです。ですから、過度の期待は禁物ですよ。
「なるほど、すごい!」はないですが、「ふーん」「へー」ぐらいは言ってもらえる様に頑張ります。
「1つの記事を読めば、1つのお得をゲットできる。でも3つの後悔?」
「あまり目にしないスキマ産業的な記事」を目指しています。 尚、記事を読んで思わず笑ってしまったら、それはアナタの負けです ^^


当サイトで引用している文章・画像について、著作権は引用元にあります。
ただ万が一、不適切な記事や画像、リンク等がありましたら早急に削除等の対応を致しますので当サイトのお問い合わせからご連絡下さい。
また、その他ご意見ご感想などもお問い合わせからお願いします。