クーラーから突然の水漏れの原因は?100円でできる対策とは?

スポンサーリンク

「僕は寒さにも弱いんだけど暑さにも弱いんだ」とは、かの有名なドラえもんのお言葉。

暑いです!蒸し暑いです。連日の熱帯夜で寝られません!

扇風機は生暖かい人肌の風が来ます。

(*´Д`) 

 

なのに、我が家のクーラーが水漏れ起こしました。

原因はコレです↓

 

カナブン!

気持ち悪いので写真はやめてイラストにしました。ムシは大の苦手なんですよ・・・。

事の経緯を順に書きます。

 

 

エアコン(クーラー)からの突然の水漏れ

先日のことです。

さすがに我慢できなくてクーラーつけて寝ましたよ。エアコンを。

 

でね、

「あー涼しい~。快適 (・∀・)イイ!! 」

って寝ようとしたら、なんかポタポタ音がするんです。

「あれ?雨漏りかな?でも雨降ってないし」

と音がするクーラーの方へ行くと、床が濡れていて滑りました。

(*´Д`)  

 

そうです、エアコンから水が結構な勢いで垂れています。

じゃじゃ漏れと言っていいほど。

 

慌ててゴミ箱で受けて電源を切りましたよ。

 

その後、再度電源を入れてもしばらくするとポタポタ・・・。

(*´Д`)

 

「おかしいな~、このエアコンは、まだ買って1年ちょっとなんだけどな~」

「明日、シャープ(製造メーカー)に電話しよう。ちょうどヤマダ電機の延長保証にも入ってるし」

 

その晩は諦めて、人肌扇風機で寝ました。

スポンサーリンク

 

症状と原因

シャープさん、電話したらすぐに来てくれましたよ。

今晩も人肌扇風機は、どうしても避けたいので助かります。

 

簡単に症状を担当の人に説明します。

室内機本体の底面、ちょうど室外機へ伸びる「ホース」の付け根の辺りから漏れてきます。

早いと電源入れて30分ぐらいでポタポタします。

 

その担当の人は、床や壁が汚れないように養生してから、サクッと室内機をはずしました。

そしてものの2分で原因特定。

もう1回見ます??これです↓

 

カナブ~ン!キモっ!

しかも2~3匹~!

( ̄◇ ̄;)エッ

 

どうやら「コイツら」が外のドレンホースから侵入してきて、本体内で居座ったのが原因のようです。

ドレンホースとは、室内で除湿した水分を外へ排出するための排水ホースです。

たいてい、地面などにそのまま置いてあります。

 

担当の人が言うには、カナブンの侵入は「よくある」とのこと。

困りましたね~。

 

ともあれ、無事直って良かったです。今晩こそ快適に寝られそうです。

 

修理代はオマケで保証の範囲内でやってもらい、タダで済みました。

( ̄▽ ̄)V いえーい!

シャープさん、ありがとう。

 

100円でできるドレンホースの詰まり対策

さて、これで終わりではありません。

このままでは、またいつ「奴ら」が侵入して来るのか心配です。

対策をせねば・・・!

 

で、思いついたのが100円ショップで買ったネットです。石鹸とか入れるアレね。

これをドレンホースの出口に付けるだけ。

これなら水はちゃんと流れるし、カナブンも入ってきません。

 

その後調べてみたら、実はカナブンがドレンホースから入ってきて、途中で詰まりさらにそこにホコリなどが詰まる・・・。

そして水漏れ・・・。

みたいなことはよくある事みたいですね。

いっそのこと、メーカーもドレンホースの先に僕のようなネットを用意すればいいのにって思います。

 

もちろんすべてのドレンホースに、カナブンが入ってくるわけではありません。

今回のエアコンはすぐ近くに「外灯」があり、もともと夜間は虫が集まって来やすい場所だったのです。

 

同じような設置状況の人は、たった100円で対策できますので試して見る価値アリですよ~。

カナブンが詰まっては新品エアコンでも水漏れするし、場合によっては修理代まで取られちゃいますからね。

 

エアコン(クーラー)の水漏れのまとめ

水漏れの大半の原因が、ドレンホースの詰まりです。

ホコリやゴミが原因の場合もありますが、今回のように昆虫が詰まる場合もあります。

外のドレンホースの先端に、100円のネットを取り付けるだけで簡単に対策できますので、是非試してみて下さい。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。管理人の【だが屋】です。でも大家ではありません。
他人と同じことをするのが嫌いです。天の邪鬼ってヤツですね。基本ヒネクレた性格なので。
ここは、そんな性格がよく現れたサイトです。他人の目なんか気にしちゃいませんよ。
屁理屈コネさせたら、学年で1位を取る自信アリ!そんな僕ですがどうぞ4649。

このサイトは、「そんなにお得感はないけど、読んでおいて損はしない」という方向性のサイトです。ですから、過度の期待は禁物ですよ。
「なるほど、すごい!」はないですが、「ふーん」「へー」ぐらいは言ってもらえる様に頑張ります。
「1つの記事を読めば、1つのお得をゲットできる。でも3つの後悔?」
「あまり目にしないスキマ産業的な記事」を目指しています。 尚、記事を読んで思わず笑ってしまったら、それはアナタの負けです ^^


当サイトで引用している文章・画像について、著作権は引用元にあります。
ただ万が一、不適切な記事や画像、リンク等がありましたら早急に削除等の対応を致しますので当サイトのお問い合わせからご連絡下さい。
また、その他ご意見ご感想などもお問い合わせからお願いします。