時価額ではない車両保険を直さずにもらっても大丈夫?全損時は保険会社の物に

スポンサーリンク

自動保険の「車両保険」は掛けていますか?

保険料が高くなるので躊躇している人も多いかと思います。

 

単純にですが、「車両保険なし」と「車対車限定の車両保険」、「オールリスクの車両保険」、を比べた場合、保険料は「1:1.5:2」ぐらいになります。

オールリスクは保険料が約2倍になりますので、やはり考えてしまいますね。

 

こんな車両保険ですが、タイトルの内容はご存知ですか?

すでにご存じの方は読み飛ばしてください。

(一応、このブログは初心者の方の目線で書いています。)

 

まず「直さずにもらう」についてです。

 

自分の車両保険を使う時や、相手からの対物補償の際、修理の見積もりを取ります。

この見積もり金額分、修理せずに現金で受け取っても問題ないのです。

保険金はお金を支払う賠償であって、修理というサービスを提供するものではないからです。

 

「古い車なので、直さずに買い替えの費用に当てたい」

「少しの凹みなので、直さずにそのまま乗りたい」

という場合は、そのまま現金で受け取っても大丈夫です。

 

注意点ですが、

・見積もりに入っている消費税分は受け取れません。

・受け取った後、やはり修理するということはできます。

 しかし、その修理代が受け取った金額を上回っても追加請求はできません。

 修理というものは実際に直してみないと、内部の破損状況まで正確に把握できないからです。

・今回直さなかった箇所に更にぶつけてしまった場合、減額や補償対象外とされる場合があります。

 

受け取ったお金は、何に使ってもあなたの自由ですよ~。

 

 

 

次に「時価額ではない」についてです。

 

対物超過特約の記事でも書きましたが、私のノアは現在の市場価格で約30万円ぐらいです。

この時価額が、相手からの対物賠償の限度額となります。

全損したら30万円、もしくは修理代金が30万円を超えたら全損扱いになります。

(全損については後述します。)

 

しかし保険証券を見ると、車両保険の補償上限額は60万円となっています。

全損扱いなら、60万円保険金が支払われます。

 

これは、車両保険の補償額は協定保険価額と言われるもので、契約時に設定されるからです。

そして、そこから保険契約更新毎に年々下がっていきます。

 

対物賠償は、事故を起こしたその日の時価額(市場価格)が基準になりますが、

車両保険の協定保険価額は、契約時の価額が基準になりますから、その契約期間中の向こう1年間は保険価額は下がりません。

これが時価額と協定保険価額との大きな違いです。

 

お分かり頂けましたでしょうか?

 

 

最後に「全損時は保険会社の物に」ついてです。

 

自動車保険における「全損」とは

 

①修理代金が車両保険の上限価額を超えてしまった場合

②車が修復不可能なほど、破損してしまった場合

③車が盗難されて、発見されない場合

 

のことを言います。

 

全損となれば、車両保険なら保険価額の上限額が支払われます。

対物補償なら、その時の時価額が支払われます。

 

ここまでは、先ほど説明しました。

 

ここでのポイントは

全損となった場合、「その車は保険会社の所有物になる」ということです。

 

皆さん、ご存知でしたか?

私は知りませんでした。

全損は「修理」という扱いではなく、保険会社による「買取り」みたいな形になります。

 

そして、私のような知らない人と保険会社との間で、実際ちょっとしたトラブルが起きます。

それは、「全損になった車から部品取りはできない」ということです。

 

「ナビはまだ生きているので、次の車に乗せ換えよう」

「アルミホイールをはずして、売ってしまおう」

 

ということはできません。

 

保険会社の所有物ですから、当然と言えば当然ですが・・・。

 

もし、どうしても取り外したいのなら、保険会社と相談してみてください。

ナビやホイールなどをあなたが「買取り(支払い保険金の減額)」と言う形で、対応してもらえるかもしれません。

 

特に盗難された車が、後日そっくりそのまま発見された時、「全損」と言われても複雑な気分ですよね。

この場合一定期間内なら、保険金を返還すれば車を返してもらえるケースがあります。

もっとも、盗難車が無傷で発見されるのは珍しいですが・・・。

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。管理人の【だが屋】です。でも大家ではありません。
他人と同じことをするのが嫌いです。天の邪鬼ってヤツですね。基本ヒネクレた性格なので。
ここは、そんな性格がよく現れたサイトです。他人の目なんか気にしちゃいませんよ。
屁理屈コネさせたら、学年で1位を取る自信アリ!そんな僕ですがどうぞ4649。

このサイトは、「そんなにお得感はないけど、読んでおいて損はしない」という方向性のサイトです。ですから、過度の期待は禁物ですよ。
「なるほど、すごい!」はないですが、「ふーん」「へー」ぐらいは言ってもらえる様に頑張ります。
「1つの記事を読めば、1つのお得をゲットできる。でも3つの後悔?」
「あまり目にしないスキマ産業的な記事」を目指しています。 尚、記事を読んで思わず笑ってしまったら、それはアナタの負けです ^^


当サイトで引用している文章・画像について、著作権は引用元にあります。
ただ万が一、不適切な記事や画像、リンク等がありましたら早急に削除等の対応を致しますので当サイトのお問い合わせからご連絡下さい。
また、その他ご意見ご感想などもお問い合わせからお願いします。