必殺仕事人で誰でもできるパチプロの技は?大当たり中は画面を見るな!?

スポンサーリンク

元大手チェーン店、店長の「だが屋」です。

業界ではありがちな、「退職後、パチプロ or スロプロ」やってました。

今日はパチンコのいわゆる「技術介入」について書いてみます。

パチプロは必ず実践!大当たり中の打ち方です。

現在ホールで超人気の「必殺仕事人」を初め、ほとんどの機種で実践できますのですぐに試して下さい。

 

大当たり中は画面を見るな!?

必殺仕事人に限定せず説明します。打つ機種によりアレンジして下さい。

 

あなたは大当たり中どこを見ていますか?

まさか液晶画面の藤田まことを見て、大当たり演出を楽しんではいないでしょうね?

1度ぐらいならいいですが、もうその時点であなたは負け組です。

パチプロは、大当たり中はアタッカーを凝視です。

 

何のために?

 

もちろん、入賞数を数えるためです。

アタッカーのカウント数やラウンド間のインターバルを確認、そして周辺の釘読みをして・・・

 

止め打ちが必要か?

右打ちの方が入るのかどうか?

強く打った方がいいのか?弱い方がいいのか?

 

などを判断します。

大当たり中も技術介入ができ、一般パチンカーとの差をつける時なのです。

 

止め打ち

アタッカーが閉じてから次のアタッカーが開くまでに、おおよそ3秒以上ある場合はフルカウントを見越して止め打ちをします。

(フルカウントとは、1R9カウントなら9個入賞するということです。)

アタッカーが閉じている間に飛んでいる玉は、すべてムダ玉になります。

これを止め打ちをすることでムダをなくすのです。

この少しの節約の積み重ねが、長い目で見れば大きな差を生みます。

ただ、最近はアタッカー周辺の釘が渋い調整が多く、フルカウントでなく時間制限で閉まってしまう台も見かけます。

この場合は止め打ちをせずに、フルカウント優先で打ちっぱなしにします。

ケースバイケースですね。

 

 

右打ち

左右のゲージが対象なら、右打ちしてアタッカーを狙ってみます。

右打ちと言っても、目一杯右打ちをするのではなくて、ゲージの右側半分からアタッカーへ流してみるということです。

意外と右側の釘調整が甘い台もあり、右から流して狙った方がアタッカーへ入賞しやすいケースもあります。

ただ、一度に盤面に玉が多く飛ぶことになりますので、先ほどの「止め打ち」は狙いにくくなりますね。

ラウンド間のムダ玉が生じやすくなるので注意が必要です。

スポンサーリンク

 

ストロークの強弱

これはアタッカーが右側にある、いわゆる「右打ち」で大当たりを消化する機種で実践します。

あなたはこの場合、ハンドルを右に一杯に回して打ちますか?

でも目一杯に右打ちすると、玉が釘からこぼれてアタッカーへ入らない台ありますよね?

そんな時は、少し弱く打つとこぼれずに入賞しやすくなるケースがあります。これはお手軽なので、一度試してみて下さい。

もちろん弱く打つことによって、逆に入りにくくなる場合もあります。よく玉の動きを目で追って、最善なストロークの強弱を探して下さい。

 

大当たり中の技術介入のまとめ

液晶が揃って気を抜くようではパチプロとは言えません。

プロは大当たり中も真剣勝負です。少しでもムダをなくし、少しでも出玉を増やす。

この小さな積み重ねが、長期間で大きな差を生むんです。

 

「セコイ、面倒だ!」

 

と言っている人は、一生負け組でパチ屋に搾取され続けて下さい。

本気で勝ちたいのなら、まずこういうすぐできることから始めましょう。

一般パチンカーと同じことをしているうちは、いつまで経っても勝てませんよ?

 

大当たり中の液晶画面の演出なんかどうでもいいんです。

パチプロは、パチンコを楽しむために打っているわけではありません。

勝つために打ってるんです。

演出が面白くてもつまらなくても、そんなことどうでもいいんです。

 

大当たり中は玉の動きを常に追い、アタッカーのカウント数を数えましょう。

 

追伸

言い忘れましたが、大当たり直後から1R目の初めのアタッカーが開くまで、ずっと玉を打ちっぱなしにしているリッチな人を見かけます。

最近の台は過剰演出で再抽選などがあり、なかなかアタッカーが開きません。特に必殺仕事人は長すぎるっ!(笑)

もったいないので、すぐに打つのをやめましょう。アタッカーが開いてから打ち始めても十分間に合います。

 

こちらと合わせれば、効果倍増!

パチンコは止め打ちこそパチプロの技術介入?保留ランプの無駄って?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。管理人の【だが屋】です。でも大家ではありません。
他人と同じことをするのが嫌いです。天の邪鬼ってヤツですね。基本ヒネクレた性格なので。
ここは、そんな性格がよく現れたサイトです。他人の目なんか気にしちゃいませんよ。
屁理屈コネさせたら、学年で1位を取る自信アリ!そんな僕ですがどうぞ4649。

このサイトは、「そんなにお得感はないけど、読んでおいて損はしない」という方向性のサイトです。ですから、過度の期待は禁物ですよ。
「なるほど、すごい!」はないですが、「ふーん」「へー」ぐらいは言ってもらえる様に頑張ります。
「1つの記事を読めば、1つのお得をゲットできる。でも3つの後悔?」
「あまり目にしないスキマ産業的な記事」を目指しています。 尚、記事を読んで思わず笑ってしまったら、それはアナタの負けです ^^


当サイトで引用している文章・画像について、著作権は引用元にあります。
ただ万が一、不適切な記事や画像、リンク等がありましたら早急に削除等の対応を致しますので当サイトのお問い合わせからご連絡下さい。
また、その他ご意見ご感想などもお問い合わせからお願いします。