ヤマト運輸の残業代未払い問題は退職者も請求できる?時効は?

スポンサーリンク

労働審判で、残業代数百万円を勝ち取った「管理人だが屋」です。

この手のニュースは、やはり自然と目が行ってしまいます。

それは「ヤマト運輸が230億円の未払い残業代を支払う」ってニュースです。

経験者(?)として、ちょっと記事に書いてみようと思いました。僕も退職してからの請求なので、退職者はどこまでできるのか?気になりますよね。

 

未払い残業代

なんか、こうして残業代を支払うと「ヤマトってえらい!さすが大手だわ」みたいな声が聞こえてきますが、本来は毎月キチンと支払うものなんです。

払って当然、当たり前、なんです!

今まで散々サービス残業で利益を上げてきたのに、後から支払って「えらい」扱いはおかしいでしょ?

僕の知っている会社は、毎日の残業を正しく計算してキチンと支払ってますよ。これが普通なんです。

今まで「マイナス」のことやっていた会社が、ある意味「ゼロ」になっただけで別にちっともエラくはないです。

褒めるなら、普通のことを普通にやっている会社を褒めましょうよ。

 

サービス残業で競争に勝つ

競争に勝つのは社員ではありません。会社ですよ、この場合はヤマト。

だって、サービス残業させればその分コストダウンできます。正しく残業代を払っている会社は人件費がかかりますので、その分価格競争には不利に働きます。

乱暴な言い方をすれば「ヤマトはサービス残業で成長してきた」と言われても仕方がないのです。

まあ、運送業なんかどこも同じなんですけどね。これを言ったらおしまいですが。

 

退職者の請求

さて、退職者の未払い残業代の請求です。僕もこのパターンで裁判を起こしました。

もちろん退職者でも請求はできます。ただ残業を証明するものがどの程度必要なのかは、ヤマトの判断によりますのでここでは割愛します。

裁判で争うなら証拠がポイントになってきますが、今回はヤマトの一応「自主的」な支払いなので、退職者が請求できるかできないかと言われれば「できます」。

 

時効

実は、この未払い残業代で重要なことを各メディアが伝え忘れています。

それは「時効」です。

ちらっと時効について書いてあるメディアもありますが、まったく書いていないメディアもありますね。

未払い残業代の請求の時効は「2年」です。つまり2年を経過すると、時効により請求する権利が消えてしまいます。

でもこれは法律上の問題であって、別に会社は2年以上前の分を遡って支払っても、もちろんOKなんです。

10年前の残業代を請求されて、それを支払っても問題ないどころかこれが一番正しい対応です。

今回のヤマトも「2年分を支払う」と報道がありました。「2年」を書いていないメディアがありますね。重要なのに。

つまりヤマトは2年以上前の分は、「法律上はもう消えた権利だから (゜⊿゚)シラネ 」ってことなんです。

仮に労働者が裁判を起こして2年前以上の残業代を請求しても、ヤマトは「時効を援用します」と言えば裁判でも負けません。支払わなくていいのです。

ちなみに時効を使う(主張する)ことを「援用する」と言います。

つまり裁判起こされて、ヤマトが負ける部分は自主的?に払うけど、ヤマトが勝つ部分は払いません。時効を主張するからね~」ってことなんです。

どうです?全然「ヤマトはエライね~」じゃないでしょ。

でも本当に労働者のことを思って正しく支払うのなら、記録がある限り遡って支払ったらどうですか?10年前とかまで。

でもそんなことしたら支払総額が1兆円こえて、「タカタ」や「東芝」みたい一撃で会社が傾くと思いますが(笑)。

スポンサーリンク

 

退職者

で、退職者はどうすればいいかと言うと「1日でも早く請求するべき」なんです。

だって時効が2年なので、どんどん時効で残業代が消えていきますよ。ヤマトは時効になった分まで支払う気はサラサラありませんので。

現在働いていて日々サービス残業をしている人は、常に2年間の未払い残業代がありますが、退職した日から1日1日時効で消えていくわけです。

つまり退職したらすぐに残業代を請求しましょう。時効になってしまったら裁判で争っても負けます。通常、会社が時効の分まで支払うことはまずありえませんので。

ちなみに、僕も過去2年間分のみを請求しました。それ以前の分の証拠も持っていましたが、時効を主張されてしまうことが明白だったからです。

 

まとめ

ヤマトはえらくないです。マイナスがようやくゼロになっただけです。

未払い残業代の時効は「2年間」です。退職したらすぐに請求しましょう。

ヤマトは時効を主張して、2年以上前の分は支払う気はありません。全然えらくはないです。

 

残業代のことで何かありましたらコメント欄へどうぞ!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。管理人の【だが屋】です。でも大家ではありません。
他人と同じことをするのが嫌いです。天の邪鬼ってヤツですね。基本ヒネクレた性格なので。
ここは、そんな性格がよく現れたサイトです。他人の目なんか気にしちゃいませんよ。
屁理屈コネさせたら、学年で1位を取る自信アリ!そんな僕ですがどうぞ4649。

このサイトは、「そんなにお得感はないけど、読んでおいて損はしない」という方向性のサイトです。ですから、過度の期待は禁物ですよ。
「なるほど、すごい!」はないですが、「ふーん」「へー」ぐらいは言ってもらえる様に頑張ります。
「1つの記事を読めば、1つのお得をゲットできる。でも3つの後悔?」
「あまり目にしないスキマ産業的な記事」を目指しています。 尚、記事を読んで思わず笑ってしまったら、それはアナタの負けです ^^


当サイトで引用している文章・画像について、著作権は引用元にあります。
ただ万が一、不適切な記事や画像、リンク等がありましたら早急に削除等の対応を致しますので当サイトのお問い合わせからご連絡下さい。
また、その他ご意見ご感想などもお問い合わせからお願いします。