車のエアコンが暑くて効かない!でもガソリンスタンドでガス補充はダメ絶対!

スポンサーリンク

やっぱりガソリンスタンドは、燃料入れてたま~に洗車するところでした。

ガソリンスタンドで車の整備をしてはいけません。僕がいつも繰り返し言っていることです。

カーエアコンが冷えない原因は?ガス補充すると壊れるって本当?

 

冒頭から何を言ってるんだと思われるでしょうが、今日こんなことがありまして・・・

 

車のカーエアコンのガス補充

この時期、カーエアコンの調子が悪いと死活問題ですね。涼しくないし、雨が降ると除湿もできないし。

車のエアコンが冷えない、もしくは冷えが悪い時に、真っ先に思い浮かぶのが「ガスが足りない?抜けている?」ことでしょう。

でも安易に、素人判断でガスを補充するのだけはやめて下さい。場合によっては、痛恨のしっぺ返しを食らいます!

ガス補充やエアコンの故障診断は、必ず「カーエアコン修理ができる電装屋さん」に診てもらって下さい。

僕もディーラーや街の自動車屋さんに修理を持って行きますが、エアコンの修理の場合は電装屋さんに更に取り次いで修理してもらいます。

 

ディーラーと言えども、自前で電装関係(エアコン)は修理せずに、提携の業者へ外注します。その業者が「電装屋さん」です。

つまり自前であれこれ直そうとする自動車屋は、ちょっと気を付けた方がいいかもしれません。

もちろん正しい知識と技術を持っていて、自社で整備する自動車屋さんもたくさんあります。

ただ少なくとも、ガソリンスタンドでエアコンのガス補充とかするのは絶対やめて下さい。ダメ絶対!

ガソリンスタンドはアルバイト

実は今日、チェックエンジンランプが点灯したので自動車屋さんに持って行きました。もうこのランプはドキドキです。

また高額な修理じゃないかと思うと気が重くなります。

・・・故障診断の結果、「O2(オーツー)センサー」が断線しているとのこと。下から覗くと確かにカプラーの配線が切れていました。

ふ~、これなら軽症です。良かった。

しかし、配線切れと言っても電装屋さんに持って行くそうです。車の配線は正しく処理しないと、最悪車両火災になりますからね。

で、自分で電装屋さんに持って行ったのですが、待ち時間にそこの社長さんとこんな会話をしました。

 

僕「そう言えば車のエアコンの冷えが悪いので、ついでにガス補充してもらえますか?」

 

社長「いいよ。この時期はね、ガソリンスタンドとかでガス補充して壊れたって人が良く来るね。特に女の人。」

 

僕「え?そうなんですか。」

 

社長「ガソリンスタンドの店員って、水抜き剤売ったり車検の予約取ると何割か歩合がもらえるでしょ。」

「だからアルバイトなんか、適当な知識でとにかく声掛けて商品を勧める。車のエアコンガスの補充もその一つ」

「で、エアコンのガスってどれだけでも入るって知ってる?」

 

僕「いえ、知りません」

スポンサーリンク

社長「たとえば”500”ガスを入れる所を、”2000”入れようと思えばいくらでも入るよ。もちろん、規定値より多く入れるとコンプレッサーが壊れるけどね。

「だいたいガソリンスタンドでガス補充して、2~3日後にウチに持ってくるよ。これから暑くなるからもっと増えると思う。毎年そんな感じだから。

「女の人はよく知らないから、言われるままにガス補充してコンプレッサー壊しちゃうね。その他の部分も一緒に壊れるし。」

「ガス補充で数千円使って、修理代でその10倍はかかるかな。

 

僕「・・・。」

 

社長「エアコンが効かないのは色々な原因があるから、ガス補充すれば良いってもんじゃないよ。」

「あとガス補充するなら、必ず圧力計で計らないと壊れるからね。

 

僕「勉強になりました」

 

まとめ

社長のお言葉通りです。

ガソリンスタンドは、素人がノルマで売っているだけです。最近はセルフが多いので、店員もヒマで商品やサービスを勧めてくるのです。

って言うか、セルフなら店員いらないような気がするんだけどな。その人件費を削って、燃料価格を安くして欲しい。

 

で、運悪くガス補充して2~3日後にエアコンが壊れても、因果関係があやふやなのでクレームしてもムダとも社長は言ってました。

冒頭でも言いましたが「ガソリンスタンドは燃料入れて、たま~に洗車するぐらいの所」です。

整備や車検はダメ!絶対!

特に女性は気を付けて!

スポンサーリンク

2 件のコメント

  • セルフ店も、給油のスイッチは、実際は、モニターで確認した店員がしてるらしいですよ。
    そっかー、ほんとのセルフなら、車に入れなくても買えちゃいますし、いろいろ、危ないこともあるかも。
    危険回避のため?ですかね。
    なので、まったく人が不要ではないみたいです。

    • そうですね。
      セルフスタンドは、危険物の乙種4類の資格を持っている人が遠隔操作しているみたいですね。
      安全を確認してからバルブを開けているとか。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    こんにちは。管理人の【だが屋】です。でも大家ではありません。
    他人と同じことをするのが嫌いです。天の邪鬼ってヤツですね。基本ヒネクレた性格なので。
    ここは、そんな性格がよく現れたサイトです。他人の目なんか気にしちゃいませんよ。
    屁理屈コネさせたら、学年で1位を取る自信アリ!そんな僕ですがどうぞ4649。

    このサイトは、「そんなにお得感はないけど、読んでおいて損はしない」という方向性のサイトです。ですから、過度の期待は禁物ですよ。
    「なるほど、すごい!」はないですが、「ふーん」「へー」ぐらいは言ってもらえる様に頑張ります。
    「1つの記事を読めば、1つのお得をゲットできる。でも3つの後悔?」
    「あまり目にしないスキマ産業的な記事」を目指しています。 尚、記事を読んで思わず笑ってしまったら、それはアナタの負けです ^^


    当サイトで引用している文章・画像について、著作権は引用元にあります。
    ただ万が一、不適切な記事や画像、リンク等がありましたら早急に削除等の対応を致しますので当サイトのお問い合わせからご連絡下さい。
    また、その他ご意見ご感想などもお問い合わせからお願いします。