無車検車が5万8000台!?自動車保険でしっかり対策を!

スポンサーリンク

うっかり忘れていたのか、それとも故意なのか。

 

警察庁の発表によると、全国で約5万8000台の無車検車が走行しているとのことです。

恐らく、この数字は氷山の一角ですね。

 

又、任意保険に未加入の車も、最近本当に多いです。

 

任意保険は、その名の通り任意ですから罰則はありません。

しかし、車検時れで公道を走ると、違反点数6点となります。

たいてい自賠責も切れていますので、こちらも違反点数6点加算。

一気に12点加算で一発免停となります。

 

私たちが普段見かける車の中に、一定割合「無車検・無保険」の車が存在するということです。

 

この様な車と事故を起こしたらどうなると思いますか?

今回は、それをお話ししていこうと思います。

 

例として、あなたが信号待ちで停車中に、後ろから追突されたとしましょう。

過失割合は、あなた0:相手10 です。

100%相手が悪い事故になります。

しかし、相手が無車検で自賠責も切れていて、任意保険も未加入だったのです。

※車検切れでは、任意保険も加入できません。

ええ、この時点で雲行きが怪しく先行き不安です。

 

幸いあなたは目立ったケガはありませんでしたが、大事を取って病院へ行きました。

窓口に健康保険証を見せます。

交通事故が原因でも、健康保険証は使えます。(何枚か書類を書く手間がありますが)

しかし、治療費の3割負担分は、その場ではあなたが一時的に立て替えをして、後日加害者へ請求することなります。

又、車検切れということは自賠責保険未加入なので、代わりに「政府補償事業」に請求することもできます。

 

病院を出たあなたは、次に車を修理するため、いつもの車屋さんに行きます。

修理の見積もりは30万円でした。

早速あなたは、治療費とこのことを加害者に伝えます。

しかし加害者は、

「そんなお金は払えない。余裕がない」

の一点張りで、全く払う気がなさそうです。

嫌な予感が的中しました。

 

車両保険に加入していなかったあなたは、車がないと困るので仕方なく自費で修理しました。

再度、加害者へ請求の電話をしましたが、やはり払う意思はなさそうです。

「相手が無保険とは運が悪かったな・・・。」と嘆くあなたですが、統計によると1割程度のドライバーが無保険車で走っています。

加害者は選べません!

 

悩んだあなたは弁護士に相談し、裁判を起こすことにしました。

幸いにも自分の保険に「弁護士費用特約」を付けていたため、普通なら着手金で10万円~するところ、保険で賄うことができました。

又、今回のような無過失事故(あなた:相手=0:10)の場合、あなたの保険会社は示談交渉をしてくれません!

自分で交渉するか、弁護士に依頼するしかないのです。

私も当初は知りませんでした。

 

そして、裁判で支払い判決を得たあなたですが、やはり加害者は一向に支払ってくれません。

「無い袖は振れない」作戦でしょうか?

開き直りすら感じられます。

 

そこであなたは最終手段、差押えをすることにしました。

しかし、加害者に差し押さえる財産がないことが分かりました。

 

もうお手上げです。

結果、あなたは泣き寝入りとなりました。  おしまい   後味悪いですね・・・。

 

 

はい、よくできた作り話ですが、実際よくある話です。

どうすれば良いのでしょうか?

そう、自己防衛しかありません。

自分もきちんと任意保険に加入し、車両保険も掛けましょう。

 

10台に1台が無保険車って、結構な確率ですよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。管理人の【だが屋】です。でも大家ではありません。
他人と同じことをするのが嫌いです。天の邪鬼ってヤツですね。基本ヒネクレた性格なので。
ここは、そんな性格がよく現れたサイトです。他人の目なんか気にしちゃいませんよ。
屁理屈コネさせたら、学年で1位を取る自信アリ!そんな僕ですがどうぞ4649。

このサイトは、「そんなにお得感はないけど、読んでおいて損はしない」という方向性のサイトです。ですから、過度の期待は禁物ですよ。
「なるほど、すごい!」はないですが、「ふーん」「へー」ぐらいは言ってもらえる様に頑張ります。
「1つの記事を読めば、1つのお得をゲットできる。でも3つの後悔?」
「あまり目にしないスキマ産業的な記事」を目指しています。 尚、記事を読んで思わず笑ってしまったら、それはアナタの負けです ^^


当サイトで引用している文章・画像について、著作権は引用元にあります。
ただ万が一、不適切な記事や画像、リンク等がありましたら早急に削除等の対応を致しますので当サイトのお問い合わせからご連絡下さい。
また、その他ご意見ご感想などもお問い合わせからお願いします。