マツコの知らない世界で大ブーム!担々麺の由来と汁はない方が美味しいのか?

スポンサーリンク

みなさん、担々麺食べていますかー?(猪木風に)

私も大好きですよ~あの辛さがたまらない。

マツコの知らない世界で放送された坦々麺ですが、今ブームなんですね。マツコの番組で放送されるからブームになるような気がしますが (^_^;)

ちょっと気になったので坦々麺を調べてみました。

担担麺?担々麺?坦々麺?

坦々麺の発祥はご想像の通り、中国です。今から200年ほど前に四川省にて考案されたと言われています。

現在は、日本のほか香港でも麺料理の一種として定着しています。中国と香港は別なのか?という問題はここでは取り上げません。

四川省は中華料理でよく聞く地名ですね。聞いただけで辛そうな地域です (+o+)

その料理の特徴と言えば味や料理の種類が多く、香辛料を効かせる辛い料理が特徴です。坦々麺の他に有名なのは麻婆豆腐や回鍋肉などですね。あーお腹減ってきた (@_@)

で、なぜ坦々なのかというと、その字のまんま当時は「担いで」売っていたからです。

どのように担いでいたかというと、天秤棒とよばれるアレです。アレと言われてもね・・・ほらアレ。

日本では「担担麺」や「担々麺」と書くのが一般的ですね。ちなみに「坦々麺」は誤りです。平坦の「坦」は、漢字の誤変換が由来と言われています(笑) 中国や香港で「坦」の字はありませんので。メニューで見かけたら、やさしく突っ込んであげましょう。

担いで売られていたから担々麺。次の飲み会で自慢しよっと。

汁あり派VS汁なし派

恐らく今世紀最大のテーマでしょう。与党 VS 野党や、巨人 VS 阪神よりも注目です。

ぶっちゃけ、人の好みなのでどうでもいいと思いますが、本場中国ではどうなんでしょうか?

気になりますよね~、え~発表します・・・中国では汁なしです!

思い出してください、天秤棒で売り歩いていたわけです。汁なんか大量に入れて売り歩くのは困難ですよね。

従って「汁なし派」の勝利です!

ただどちらが美味しいかというと、やはりそれは人それぞれの好みです。

中国の汁なしは辛いのが特徴ですので、私はダメですね。辛いと味が分からなくなります。

では、日本の「汁あり担々麺」はどうやって誕生したのかというと・・・

陳建民

そうです。「料理の鉄人」っていう番組知っていますか?

その中で登場する鉄人「陳建一」のお父さん、「陳建民」が日本風にアレンジしたと言われています。この方、四川省出身の料理人です。おお、本場の人だったんですね。私、詳しく知りませんが。

で、陳さんは日本人が食べやすいように担々麺を改良しました。辛さを抑えて汁を増やしたのです。これなら辛いのがダメな方にもおすすめできます。

元々中国の担々麺は、小さいお椀に入れて食べるので1杯あたりの量が少ないのです。

それを汁を増やしてラーメンのようにお椀を大きくし、1杯で1食になるようにしたのです。

それが現在のジャパニーズ担々麺なんですね。これは知らなかったですわ~。金萬福さんありがとう。

ちなみに陳さんは、麻婆豆腐などもアレンジして食べやすくしてくれています。

私は、中華料理屋の麻婆豆腐は辛くて食べられません!(@_@) お母ちゃんの甘口じゃないとダメですね。

まとめ

担々麺は中国四川省生まれです。

汁なしが本場で、汁ありは陳建民により日本風にアレンジされました。

でも今、日本人は本場中国の汁なしを好んで食べるようにもなりました。

明日から担々麺を見る目が少し変わりそうです(笑)

金萬福さん、いまは何してるんだろ?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。管理人の【だが屋】です。でも大家ではありません。
他人と同じことをするのが嫌いです。天の邪鬼ってヤツですね。基本ヒネクレた性格なので。
ここは、そんな性格がよく現れたサイトです。他人の目なんか気にしちゃいませんよ。
屁理屈コネさせたら、学年で1位を取る自信アリ!そんな僕ですがどうぞ4649。

このサイトは、「そんなにお得感はないけど、読んでおいて損はしない」という方向性のサイトです。ですから、過度の期待は禁物ですよ。
「なるほど、すごい!」はないですが、「ふーん」「へー」ぐらいは言ってもらえる様に頑張ります。
「1つの記事を読めば、1つのお得をゲットできる。でも3つの後悔?」
「あまり目にしないスキマ産業的な記事」を目指しています。 尚、記事を読んで思わず笑ってしまったら、それはアナタの負けです ^^


当サイトで引用している文章・画像について、著作権は引用元にあります。
ただ万が一、不適切な記事や画像、リンク等がありましたら早急に削除等の対応を致しますので当サイトのお問い合わせからご連絡下さい。
また、その他ご意見ご感想などもお問い合わせからお願いします。